A Chair Outside the Cage

A Chair Outside the Cage

Time & Style

2020

「A Chair in the Forest」と同様にバランスの取れた構造で、背板には籠目に編み込んだ古典的なラタンを選び、できる限りの軽量さを追求しています。「A Chair Outside the Cage」は、古くから木工技術で定評がある日本の飛騨高山地方の工芸職人たちによって作られています。その結果は?漂白またはチャコールグレーのブナ材を使用した、軽量でエレガントな動きやすい椅子になりました。

 

技術仕様

フレームはスノーホワイトまたはグレーチャコールに染色を施したブナの無垢材、パッド入りのシートはグレーのファブリックまたはダークブラウンの皮革のカバー、わら製の背もたれには天然の籐の樹皮を使用しています。

De Padova

ニュースレター

ご提供いただいた個人情報は、EU一般データ保護規則(GDPR)2016/679第6条、第7条、第12条および第13条に従って、かつ当該条項の目的を達成するために処理されます。

BOFFI SPAの個人データ処理に関する通知(目的B)におけるデータ処理について (自動化および従来型のダイレクトマーケティング)*

BOFFI SPAの個人データ処理に関する通知(目的C) におけるデータ処理について(手動によるプロファイリング)*

この項目は必須です*

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシーと利用規約が適用されます