パートナー

Bonacina 1889

Bonacina 1889

Bonacina1889のアイデンティティは素材の籐、家族のBonacina、地域のBrianzaに由来します。

1世紀以上にわたり、同社は品質とデザインの特徴を維持し、流行とは単なる表現であり、会社が基盤とするものではないことを念頭に、時代とともにスタイルと流行を追ってきました。今日、Vittorio BonacinaとPierantonio BonacinaはBonacina1889に集結しました。同社は最近の買収により継承したアウトドア世界についてのノウハウを取り入れながら、その文化を主に定義した天然素材に忠実であり続けます。昔と同じように、作品のひとつひとつは専門の職人による手作業で作られており、籐を丁寧に細かく曲げ、籐の芯とBopifil、Polypeel、Polycore、Krilon®、Rolonなどの合成素材を織り込んで束ね、建築家やデザイナーのプロジェクトを生み出し、国際的な公開活動を行っています。4代目はその遺産を受け継ぎ、ダイナミックで情熱的な精神で、常に進化・革新する未来を見つめています。

De Castelli

De Castelli

デザインと実験における金属の特別な役割を復活させるという決定に忠実に、De Castelliは職人のアイディアと技術を工業プロセスに取り込み、まったくオリジナルな結果を生み出しています。デザインとの出会いは、それが見えるか見えないかにかかわらず、素材の可能性に対する敬意を持ったアプローチを促します。こうした素材の潜在能力は、シリーズの一部であっても、個性を輝かせながら、コレクションの中でゆっくりと滲み出てくるのです。作品を生み出した職人の手だけでなく、デカステッリが居住空間の形成に使う素材の美的な価値(実用性だけでなく)に重点を置く文化の道筋も他にはない独自性があります。Boffi| De Padovaのためだけに、Piero LissoniはDeErosionにフォーカスしています。これは時の経過にインスピレーションを受けた自然なテキスチャーを生み出す、監視された腐食を利用する特別な技法でDe Castelliがデザインしたユニークな仕上げです。ハンドメイドの工程により、均質性や色が変わる最終結果が得られ、それぞれの作品のユニークさが確認できます。

De Padova

ニュースレター

ご提供いただいた個人情報は、EU一般データ保護規則(GDPR)2016/679第6条、第7条、第12条および第13条に従って、かつ当該条項の目的を達成するために処理されます。

BOFFI SPAの個人データ処理に関する通知(目的B)におけるデータ処理について (自動化および従来型のダイレクトマーケティング)*

BOFFI SPAの個人データ処理に関する通知(目的C) におけるデータ処理について(手動によるプロファイリング)*

この項目は必須です*

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシーと利用規約が適用されます