Vertical Layer

Vertical Layer

Time & Style

2022

左右対称(シンメトリー)、繰り返し(リピテーション)、律動(リズム)、均衡(バランス)、調和(プロポーション)。Vertical layerは、これらの要素を踏まえ、縦板と横板の形状を緻密に構築して作り上げました。Time & Styleは、昔の日本の度量衡である尺貫法を用いて棚の寸法を決定しました。日本では、今でも建築の世界や日常生活のこまごまとした場面で尺貫法が単位として広く使用されています。例えば、長さでは「尺」や「寸」が、面積では「坪」や「町」が使用されています。美しい高層建築物をイメージし、Vertical layerでは垂直の層が強調されるように棚板をセットバックさせています。

“”

Time & Style

De Padova

ニュースレター

ご提供いただいた個人情報は、EU一般データ保護規則(GDPR)2016/679第6条、第7条、第12条および第13条に従って、かつ当該条項の目的を達成するために処理されます。

BOFFI SPAの個人データ処理に関する通知(目的B)におけるデータ処理について (自動化および従来型のダイレクトマーケティング)*

BOFFI SPAの個人データ処理に関する通知(目的C) におけるデータ処理について(手動によるプロファイリング)*

この項目は必須です*

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシーと利用規約が適用されます