Studiocharlie

人が快適に感じるか不快に感じるか、また人生を複雑にするか満たされたものにするかどうかは、オブジェクトにかかっています。煩わしく感じられるときもあれば、目に見えないときもあり、興奮を覚えることもあります。幸福を感じることもあれば、苛立ちを覚えることもあります。オブジェクトは厄介でありながらも、安らぎを与えてくれる存在なのです。私たちは、雑音を抑え、中核となる品質によって驚きをもたらし、シンプルさという枠を超えたオブジェクトのデザインを追求しています。

Studiocharlieは、2002年にGabriele Rigamonti、Carla Scorda、Vittorio Turlaの3人によって設立されました。2004年には、CsuniのタイプデザインプロジェクトによってXX Compasso d’Oro ADIの特別賞を受賞しました。Atipico、Billiani 1911、Boffi、Bonacina 1889、De Padova、Designercarpets、Lanificio Leo、レマ、Made a Mano、Mipa、Nemo、Salvatoriのデザインを手掛けるほか、デザインをテーマにしたエディトリアルプロジェクトやカルチャープロジェクトにも取り組んでいます。2018年には、BoffiのEclipseの蛇口デザインを手掛けたことで、Compasso d’Oro ADI賞を受賞しています。

De Padova

ニュースレター

ご提供いただいた個人情報は、EU一般データ保護規則(GDPR)2016/679第6条、第7条、第12条および第13条に従って、かつ当該条項の目的を達成するために処理されます。

BOFFI SPAの個人データ処理に関する通知(目的B)におけるデータ処理について (自動化および従来型のダイレクトマーケティング)*

BOFFI SPAの個人データ処理に関する通知(目的C) におけるデータ処理について(手動によるプロファイリング)*

この項目は必須です*

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシーと利用規約が適用されます